鳥になったおばあさん

皆さん、沖縄には昔から伝わる“民話”がたくさんあるのを知っていますか^^?いーっぱいある中でも今回は「鳥になったおばあさん」という話を紹介したいと思います。

昔々、鉄砲打ちをしていたおじいさんが山へ出かけると、今まで見た事がない金色の鳥が飛んでいました。
“なんて美しい鳥だ・・・もしかすると神様の鳥かもしれない!!”とつい見とれていると、その鳥がおじいさんのそばに来て「どうして私を打たないのですか?鳥を打たなければ、あなたは暮らしていけないのでしょう?」と。

するとおじいさんは、首を振って「わしは、ばあさんと二人暮らしだ。お前一羽をうたなくても、なんとか暮らしていけるよ。それに、お前みたいに美しい鳥を打つなんて、わしには出来ないよ」と言いました。

そうするとその鳥が「そうですか。では、お二人が楽に暮らしていけるようにしてあげますから、これからは鳥やけものをとるのはやめてくださいね」と言った後、まっすぐおじいさんの家の方へと飛んでいきます。

おじいさんは金色の鳥に手を合わせると、自分の家に帰りました。すると不思議な事に、ボロ小屋だった自分の家が立派なお屋敷に変わっていたのです。
「こりゃ、たまげた!」おじいさんがビックリしていると、おばあさんが家の中から出てきて「おじいさん。さっき立派な身なりの人がやって来て、あっという間に家を屋敷に変えてくれたんです。おまけに米も着物もお金も、どっさりと運んでくれたのです。もう、何が何やら・・・」

そこでおじいさんは、さっき山で会った金色の鳥の話をしてあげました。
「するとこれは、山の神さまのおめぐみかもしれませんね。おじいさん、これからはもう鳥やけものをうつのはやめてくださいね」
「ああ、もう鉄砲打ちはやめだ。これからは二人で、のんびり暮らそう」
おじいさんは鉄砲打ちをやめて、おばあさんと二人で静かに暮らしました。

さて、働かなくても暮らしていけるようになった二人は、何をして時間をつぶせばよいのかわかりません。
ある日、おばあさんがおじいさんに言いました。
「ああ、たいくつで死にそう。もしも鳥みたいに空を飛ぶ事が出来たら、どんなに楽しいでしょうね。おじいさん、
一度でいいから空を飛べるようにと、金色の鳥にたのんできてくれませんか」
「空をか・・?それは楽しそうだ。よし、山へ行って金色の鳥を探してみよう」
 
おじいさんが山に行くと、金色の鳥はすぐに見つかりました。
「金色の鳥さん。おかげで、おだやかな毎日を過ごしているよ。ところで、おばあさんが一度でいいから空を飛びたいと言っているのだが、願いを叶えてやってもらえないだろうか?」
「わかりました。では、すぐ飛べるようにしてあげましょう」
そう言って金色の鳥は、おじいさんの家の方へ飛んで行きました。

さて、おじいさんが家に戻るとどうでしょう。おばあさんが烏になって、屋根の上に止まっているではありませんか。
鳥になったおばあさんが、おじいさんに言いました。
「おじいさん、さっき立派な身なりの人がやって来て、わたしを鳥にしてしまったんですよ。いくら空を飛びたいと言っても、鳥になるのはごめんです。早く金色の鳥にお願いして、元の人間にもどしてください」
おじいさんは慌てて山へ戻り、金色の鳥を探しましたが、その鳥は二度と姿を現しませんでした。

その後、おじいさんは仕方なく鳥になったおばあさんと暮らしたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です