金の鳥

「金の鳥」

むかしむかしあるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。ある日、おじいさんがいつものように山へ狩りに行くと金色の鳥が空を飛んでいます。とても美しい鳥だったので、狩りも忘れて見ていました。あまりの美しさに神様かもしれないと思い、鉄砲をしまっていまいました。その日は獲物を捕らないまま家に帰りました。
 家に帰ると、「じいさんや、今日の獲物は何かい」とおばあさんが尋ねました。
 「あまりにもきれいで珍しい金の鳥を見たから何も捕らないで帰ったよ」
おじいさんはそう答えます。

 「そんなだからいつまでたっても貧乏なんだよ」とおばあさんはいい顔をしません。
次の日、おじいさんが山へ行くと昨日と同じように金色に輝く鳥が飛んで います。 おじいさんが鳥を眺めていると、金の鳥が言いました。
「おじいさん、どうして鉄砲を撃たないのですか」
「あんまりきれいな鳥だから撃てないんだ」と答えると、
「では、どうして狩りをしているのですか」と尋ねました。
「 狩りをしないと暮らしていけないんだよ」とおじいさんは言います。
「そんなら、暮らしていけるようにしてあげますから、もう山に来て狩りをしないと約束してください」と金の鳥が言いました。

おじいさんは
「それなら約束するよ」と答えました。
おじいさんは不思議に思いながらも帰路につきました。すると今までの小さなあばら家は消え、かわりに大きなお屋敷が建っていました。

おじいさんの留守中にたくさんの人が来て、あっと言う間に家を建て、 食べる物や 着物を持ってきたのです。
それから、おじいさんは山へ狩を行くこともなくのんびりと暮らしていました。しばらくしておばあさんは空を飛んでみたいと言うようになりました。
おばあさんは、あの金の鳥に空を飛べるようにお願いしてほしいと、おじいさんに頼みました。おばあさんは毎日のようにおじさんに頼むので、おじいさんはとうとう、山に行きました。
空を見上げて金の鳥を捜していると、金の鳥が飛んできました。
金の鳥はなぜまた山に来たのかとおじいさんに尋ねます。おじいさんが事情を話すと、
「分かりました。では家へお帰りなさい。おばあさんはもう空を飛んでいるしょう」と金の鳥が言いました。
おじいさんが家に帰っておばあさんを呼びましたがおばあさんの返事がありません。聞こえるのはカァー、カァーという鳥の声ばかり。
おばあさんは鳥になって、念願通り空を飛び、毎日山へ行っては戻ってきて自分の家の屋根に止まるようになったと言うことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です